×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

強者からもっと税を取れ

必ず誰かから取らねばならない

日本は財政難で財政再建をしなければならず、またどんな人でも最低限の生活が保障されなければならないし、他にも国としてやらなければならないことは数え切れない程あるから、必ず誰かから税金を取らなければならない。 この時点で、「国や生活弱者がどうなろうと関係ない」とか「自分は一切国の世話にはならないようにするから税金なんて払いたくない」とか言う自分勝手な愚民がいたりするがこんな主張は論外。 序でに、「無駄遣いされるだけだから税金なんて払いたくない」などと言う連中もいるが、それなら無駄遣いをしない政治家を選べば良い訳で、結局「税金を払いたくない」という我が儘な結論ありきなので反論するのも馬鹿馬鹿しい。

それで、誰から税金を取るかという話になると、大抵の政治家もテレビのコメンテーターも、消費税を上げるか、所得税を底上げするかの二者択一しか考えない。 所得税と言うと、遍く上げることしか考えないで、金持ちから多く取るということを考えない。 政治家やコメンテーターなんて皆金持ちだから、そりゃあ自分の都合が悪くなることは言いたくないし、その選択肢も隠したいだろうということを考えるとある意味当たり前だが、人間に良心を期待する方が馬鹿なのだろうか。

金持ち増税を言うと、必ず「努力が報われなくなり、働く意欲が失せる」と言い出す奴が出て来るが、そもそも金が第一目的で動いている奴なんてどうせろくなことをしないから、其奴等の働く意欲なんてなくなって結構。 同額の税金を取るなら、影響の大きい庶民よりも小さい金持ちから取るのがベターだ。

この通り、自分の利害が関わる議論なんてまともに出来る筈がないのだが、良くも悪くも政治は多数決だ。 そして、幸いなことに国民の過半数は金持ち増税されても困らない立場にある。 この問題だけは利害で動いても良い。 偶には金持ちに対する変な情を捨てて、利害で投票しようではないか。

泡銭を狙い撃ち

隣の芝生は青く見えるだけで、楽して儲かる職業などない、と言う人がいるが、そう思っていれば幸せだろう。 しかし、残念ながら現実には楽して儲かる職業は存在する。 金持ち増税に加えて、楽して儲かる職業による所得は更に高い税率にしなければならない。

具体的に楽して儲かる職業を挙げると、世襲議員や高級クラブ等となるだろう。 この2つで言えば共通していることは、なれるかなれないかが生まれ付きで大体決まっている、ということだ。 国会議員の息子なら親の三バンがあるから、(その選挙区の有権者が馬鹿である限り)当選することは容易いし、高級クラブは容姿で全てが決まる。 そして、そうでない人にとってはこれらの職業に就くのは至難の業だ。 だからあまり頭の良くない人は「国会議員や高級クラブも大変だ」と納得してしまう訳だが、生まれ付き特別な条件に恵まれた人にとっては楽して儲かる職業になってしまっているのが問題なのだ。

タレントやスポーツ選手は少し厄介だ。 先程の職業とは違って、生まれ付きの条件だけでなれる訳ではないし相当の努力が必要だが、明らかに努力以上の収入を得ている、というものだ(おまけにこれらの職業は客に好かれるものだから、それが正常な思考を妨げる)。 作家等、ブームを利用する全ての職業もそうだ。 企業も多かれ少なかれそうだし、商売とはそういうものなのかも知れない。 もっと消費者が賢くなって、ある1つのものだけが極端に評価されるなどということがなくなれば良いのだが。

何も生み出していないキャピタルゲインは大増税、本人が何の努力もしていない相続税は全額没収で文句なしだろう。

国際競争と囚人のジレンマ

最初に「どうせ取るなら影響が低い所から」と書いたが、当然大企業にも増税することになる。 しかしこれは、今まさに世界中で大問題となっている、グローバリゼーションの問題が立ちはだかる。

世界では今、法人税率の引き下げ合戦が行われていて、税率が低い国が出現すればそこへ企業に逃げられてしまうからと、他の国も税率を下げて結局全体での税収も下がる。 これは囚人のジレンマだ。 先程金持ち増税を書いたが、個人でも同じように税金の安い国を渡り歩く連中が存在する。 そんなに誰でも日本から出て行けるものではないし、出て行く企業や金持ちなんてどうせろくなことをしないから、そんな連中はこっちから出て行け、でも良いのだが、やはりそれではまともに税金を払っている企業が馬鹿を見てしまい正義に反する。

そもそも本来は自由が制限されるべき強者の方が、逆に自由に居住国も選べて、それで国が其奴等に脅されてしまっているというのが問題だ。 法により逃げられなくすれば良いのだが、日本だけではそうもいかないだろう。 これは、一国だけでどうにか出来る問題ではない。 今後この問題がどうなっていくのか、庶民の生活はこのまま破壊されてしまうのか、はたまた社会主義・共産主義でも復活するのか、注目すべき所である。

2008年10月9日 救世主かける様(http://gumin.xxxxxxxx.jp/)

Prev オタクはいけない トップページへ戻る Next ブログはいけない