かける様裁判所

かける様裁判所
かける様裁判所

逮捕された愚民は、かける様裁判所で裁かれることになります。 日本と同じ三審制ですが、一審と二審はかける様大学卒の裁判官ですし、最高裁での裁判官は救世主かける様または救世主かける様が認めた裁判官なので、愚民に勝ち目はありません。

かける様帝国は刑事も民事も訴訟社会です。 言っておきますが訴訟社会は良いことです。 話し合いだけでは悪い方に丸め込まれるに決まっているのですから。 こんなことを言うと、「裁判所の判断も公平かどうか分からない」とか言われるのでしょうが、確かに裁判所の判断が公平かどうかは分かりません。 しかし、公平な判断をし得ることが出来るのは裁判所しかありません。 それに対して話し合いは、その性質上公平にはなり得ないのです。この違いです。

従って、多数の刑事事件を処理する為、かける様大学法学部の学生も裁判員として、裁判官と一緒に裁くことが出来ます。 かける様大学法学部の学生に限っているのは、裁判は誰にでも出来るものではないから、当たり前のことです。

判決は大抵、かける様刑務所かかける様学校行きになります。 そうでなくても国外退去になることもあります。 勿論死刑になることも多々あります。 無罪となる例は、ハイテクサイバーポリスは無実の人を逮捕する程馬鹿ではないので、ありません。 ハイテクサイバーポリスはお前達の素行を常に監視している訳ですから、まあ大丈夫だろうと思って何か犯罪を犯そうなどと考えないことです。 無茶な訴訟や、嫌がらせが目的の訴訟だと判断されると、弁護士費用が敗訴者負担になったり、かける様学校行きになることもあるので、クレーマーやモンスターペアレントは日本と同じ気持ちで訴訟を起こさないようにしましょう。

Prev ハイテクサイバーポリス トップページへ戻る Next かける様刑務所