ギャンブルはいけない

格差を拡大させるだけ

パチンコは在日コリアン嫌いのネチズンには評判が悪いが、宝くじは世間一般に広く受け入れられている。 よくある批判は「殆どの人が損をする」だが、手を出さなければ良いだけの話なのだから、これはある意味どうでも良い。 本当の問題はその裏で、「楽して得をする人がいる」ことだ。 だから宝くじ批判に対して、「収益は公共事業に使われるのだから悪くない」という反論では不十分だ。 当たっても最高で100万円程度なら許容しても良いかも知れないが。

ギャンブルは、「わざわざ格差を拡大させる」だけのものだ。 ギャンブルに手を出している者は格差社会を批判する資格はない。 単に自分が得をしたいからという浅はかな理由で格差社会を批判しているのなら、私のように真面目に格差社会を批判している人のイメージダウンに繋がるから、黙ってギャンブルをやり続けて、一生金を吸い上げられておけ。

カジノ合法化

日本もカジノを合法化してそれで税収を上げよう、という政治家がいる。 「公共事業をすれば景気が良くなる」などと同じで、知恵のない奴が言うことである。 カジノなんて何のノウハウも要らなくて、ただ建設すれば良いだけだから、そりゃあカジノに飛び付く政治家が続出する訳だ。

カジノに対する有り触れた反対論として、「破産者が続出」「青少年に悪影響」「暴力団の資金源になる」などがある。 確かにどれも重要な問題ではあるが、どうも今一プッシュが弱い。 理由がそれだけなら、国営の外国人専用カジノを造れば良い。 税収の為とはいえ、日本人が入れない施設を造るのには抵抗があるかも知れないが。 やはり反対論の根源にあるものは、我が国にそんな質の悪い商売をして欲しくない、という思いではないだろうか。 税収になるなら形振り構わなくても良い、というものではない。 まあそう遠くない将来、日本の財政難も来る所まで来て、とうとうカジノに手を出さざるを得なくなるのかも知れないが。

とすると、前述の「青少年に悪影響」が別の意味で重大な問題になって来る。 外国人専用にすれば、青少年が大人に紛れてカジノに出入りすることはなくなるかも知れないが、国がカジノのような悪い商売をしているということを青少年にどう説明するのか。 カジノを国が経営している状況下で、青少年に「ギャンブルはいけない」と教えても説得力がない。 勘違いしている人がいるが、酒とかタバコとか性とかギャンブルとか、年齢制限のあるものは、決して「大人だけの特権」なんかではない。 これらは人間には有害だから、判断能力のない未成年には与えてはいけない、大人は自己責任だから手を出してどうなっても知らない、ということなのだ。 手を出せるのは大人の特権ではなく、手を出す大人は馬鹿なのである。 年齢制限のあるものを、大人社会は未成年にどのように説明してきたか。 「大人だけの特権」だと言ってきたではないか。 これでは、年齢制限が守られる筈もない。

石原慎太郎や橋下徹もカジノを求めている。 公共事業で金をばらまかないとやっていけないような地方ならともかく、東京都や大阪府のような、無駄遣いさえしなければ税収がどんどん入ってくるような所がカジノなんかに手を出さなくて良い。 序でに地方は、これからは日本全体でも人口が減少し始めるのだから、公共事業とかカジノとか延命治療は止めて、いい加減に見切りを付けるべきである。

2010年11月20日 救世主かける様(http://gumin.xxxxxxxx.jp/)

Prev 宗教・道徳の欺瞞 トップページへ戻る Next 強者問題詰め合わせ