悪には何をしても良いか

誰に対してもしてはいけないこと

今回は今までのコラムの総集編とでも言うべき内容である。 今まで取り上げてきた問題の多くは、「悪には何をしても良い」という倫理観が原因にある。 恐らく、何も言わずに「悪い人には何をしても良いか」と質問すれば、多くの人が良くないと答えるだろう。 所が、実際に悪い人に遭遇した時にそれを貫き通せるかと言うと、これがなかなか難しい。

2ちゃんねるの誹謗・中傷の問題を言うと、「どんな痛い発言をしたんだ」と言う人が必ずいる。 たとえ痛い発言をしたとしても、誹謗・中傷をしてはいけない。 だから、そんな質問をする必要はない。 これが分かっている人からすれば、なぜそんなことを聞くのかと不思議に思う。 しかし彼等は、痛い発言をした人には誹謗・中傷をしても良いと本気で思っている。 だからこんな質問を真顔でする訳だ。

炎上・荒らしなんかも同様だ。 加害者は決まって「被害者にも問題がある」と言う。 確かに炎上・荒らしは被害者にも何か問題があることが多い。 でも、だからと言って炎上・荒らしをして良いことにはならない。 たとえ犯罪の自慢でもそうなのかと聞かれても、その通りと答える。 ではどうすれば良いのか。 答は簡単だ。 ひっそりと警察や勤務先に通報すれば良いだけのことだ。 それが本当に問題なら然るべき捜査をしてくれるだろう。

「人数が少ないと相手にされない可能性がある」と言う人がいそうだからそれに対する答も書いておく。 基本的に、大人数で通報するのは好ましい手段ではない。 通報が殺到すると、その処理に音を上げて企業も過剰な対応をしてしまう。 これは今や企業にとって脅威となっている。 これでは、創価学会がやっていることと何ら変わらない。 やがては創価学会批判と同様にネチズン批判もタブーになるかも知れない。

物事には程度がある

誹謗・中傷、炎上・荒らしなんかは明らかな「ただの悪」であり、被害者に問題があってもしてはいけないと考える人は多いだろう。 しかし、次のような場合はどうか。

例えば迷惑行為者を盗撮してネット上にアップすることである。 勿論「肖像権法なんて現行法には存在しないから問題ない」は却下だ。 一般に、写真・動画を被写体の許可なくネット上にアップするということは、かなりの悪いことであると考えるべきだ。 一度アップされてしまうと回収は不可能であり、半永久的にネチズンの非難と共に晒し者にされるのだから。 「それは非難するネチズンが悪い」も却下。 ネットの現状を見れば、そんなコメントが付くことくらいは目に見えている。

所が被写体となっている迷惑行為者に対する非難は多くても、撮影者に対する非難は殆どない。 少なくとも「街で大声を出している」なんかよりも、それを盗撮してアップする方が悪いことだ。 これは、悪には何をしても良いと思っているから、迷惑行為という悪に対する、盗撮という悪を何とも思っていないということではないだろうか。 たった一度の失言から、サイトを閉鎖するまで続く炎上・荒らしに通じるものがある。 もう少しマシな倫理観があるのなら、悪の程度に応じて非難、すなわちもっと撮影者を非難せよ。

それでは、本当に悪い行為を世に知らしめる必要がある時はどうすれば良いのか、と思うかも知れない。 でも、幸いなのか残念なのか分からないが、一般人はそんな格好良いことを考える必要が出て来るような状況にはまず遭遇しないと言って良い。 大体、マスコミによる犯罪報道や迷惑行為者の撮影ですら、その正当性に疑問が持たれることが多いのだから。 勿論、そこらの迷惑行為程度では盗撮してアップすることを正当化するには足りない。

手段を選べ

2007年、電車内で拳銃の形をしたライターを乗客に向けていた高校生を殴った警察官が逮捕されたという事件があった。 このような例では、殴る程度なら許されても良いかも知れない。 それが単なるライターだと分からなければ、向けられた乗客は命を奪われる恐怖を感じる。 でも今回だけは事情が違った。 殴ったのは警察官だったのだ。 素直に逮捕すれば良かったのである。 もっと無難な方法があるのならそちらを選んだ方が良い。 これは、ビラ配りで住居侵入の事件にも言えることだ。

体罰とか、犯罪者に対する社会的制裁とか、有事法制で強制収容とか、悪に対しての行動がどこまで許されるのかは、感情任せにならずにケースバイケースで考える必要がある。 目的が正しければ手段も正しいとしてしまうと、安倍晋三のボランティア義務付けのような議論が罷り通ってしまう。 直ぐに体罰を言い出す奴は、決まって程度を知らない奴だ。 でも、中には本当に体罰でもするしかない児童・生徒もいるから、そんな意見を全く無視して良い、ということでもない。

まとめ。悪に対して何か行動をする時は、その行動に問題がないか、問題があってもそれが正当化されるのに十分な状況かを考えよ。 そして、それが正当化されるようなケースには一般人はまず遭遇しない。 つまり、一般にしてはいけないとされていることは悪に対してもしてはいけないということである。

序でに言っておくと、「表現の自由」を主張する機会も一般人にはまずない。 自らの言動を批判されて、「表現の自由」としか言い返すことができなければ、それは間違っていると思った方が良い。

2010年2月22日 救世主かける様(http://gumin.xxxxxxxx.jp/)

Prev 「肖像権法」を制定せよ トップページへ戻る Next TBSの津波警報の問題